3焦点眼内レンズのこと

3焦点眼内レンズとは、人工の眼内レンズのことです。白内障の手術で人工の眼内レンズを入れる際に、これまでは焦点が一点にしか合わないレンズが主流でした。今も保険が適用されるのはこの単焦点の眼内レンズのみらしいので、ほとんどの方は単焦点眼内レンズを入れるのかもしれません。しかし、多焦点眼内レンズも扱っている病院も増えつつあるので、老眼鏡とかかけたくない人は白内障の手術をしてしまう前に一度調べてみることをお勧めします。3焦点眼内レンズはより焦点が合う範囲が広くなったレンズだということでしょう。これだとパソコンの作業やゲームなどをよくする方などにも最適なのではないでしょうか。

海外のある認知科学者によると、アクションゲームは脳の教育やリハビリに有効だという意見もあるようです。中でも、ゲームをしている人の方がしていない人に比べて視力がいいという結果が出た実験もあったようなので驚きです。普通は逆のように思われます。これは注意力も関係しているのかもしれません。あと、ゲームのよいところは子供からお年寄りまで、集中力が高まることはいえますね。

Continue reading


レーシックは乱視の治療が可能だそうです

レーシックの手術は乱視の矯正もできるそうだと知人が話していました。私の目は乱視が強いと診断されたことがあるので興味があって調べてみました。
私は視力がとても悪いのですが普段はコンタクトや眼鏡で過ごしています。眼鏡を外してしまうと何もわからなくなってしまうほど。なので、もし子供ができた時は自分のことに手が回らなくなりそうなので、裸眼で生活できればどんなに楽だろうな…と考えていました。
レーシック手術では乱視でも視力回復が見込めると聞いたため、詳しい治療方法について実際に眼科を受診して聞いてみたいと思っています。ネットで調べる限りでは、レーシックとはレーザーを角膜に照射し、屈折を調整する手術だそうです。そのため、乱視におこりがちなピントが定まらない物の見え方も矯正が可能だそうですが、本当にそうならちょっと恐いけど受けてみたいと思います。実際に乱視の方で手術を受けた人がいたら、感想を教えてくださいね!
Continue reading